coffee Times

<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

旬の野菜~その美味しさ。

f0100194_1335665.jpgこちらは落葉樹の【ニシキギ】
緑の葉がいつの間にか真っ赤に・・・
秋晴れの日には、紅葉がとてもきれいに映える。
赤とんぼの数も多くなって来て。

裏庭の家庭菜園には
ブロッコリー・カリフラワー・ネギ・里芋・山芋
ラディッシュ・水菜などが育っている。


ご近所さん宅で採れた大きな肉厚の「シイタケ」を頂いた。
原木に菌を入れ放置して置いたらいつの間にかシイタケが出てきたとか・・・。
(一日干すとさらに旨みが増す~)と聞き、早速天日に。
夕ご飯に、オリーブオイル少量で【焼きシイタケ】にしてみた。お醤油だけのシンプルな味付けで。
旨みと香りが口の中に広がり、しっかりした歯応えがたまらなく美味しかった!
(市販のシイタケ)では味わったことの無い美味しさに感激!・・・ごちそうさまでした。

採れたて「カリフラワー」は温野菜に。
何も付けずにそのまま食べてみたら甘みがあり旨い!確かに甘い。
(新鮮野菜は茹でる時間も短いのよ~)
ラディッシュは甘酢に漬けて。
市販の生姜も薄くスライスして甘酢漬けで保存。生姜には殺菌作用が有るのですよ!
水菜は軽く塩もみしてからサラダや一夜漬けに。鍋物にも美味しい。
旬の里芋、ひと株掘り起こすとたくさん採れるのでいろんな料理方法を試してみた。
サラダ(ジャコ・ネギ・もみ海苔入り)は醤油とみりんで合えた和風。
肉味噌煮・けんちん汁・甘辛煮・鍋物に入れても凄く美味しい~
茹でたブロッコリーはサラダはもちろん、グラタンやシチューにいれても。
ニンニク・赤唐辛子をオリーブオイルで炒め、塩コショウだけで味付けたのを回しかけるとイタリアン風。

【調味料を使うのが面白くなる本】と言う本に
野菜をそのまま食べるのに比べて少量のマヨネーズと合わせるとβーカロテンの摂取量を7倍に高める
・・・と書かれていました。
余談:スペインのマオンという街で生まれ、日本で市販されたのは今から82年前だそうで。
アメリカに次いで世界第2位のマヨネーズ消費国だそうです。
調味料の意外な使い方、食べ物との相性など解りやすく食生活にもお役立ち。
(知らなかった知識を得る)って意外性が面白い♪
最近、マヨネーズは敬遠していたけれど・・・。

胃にもたれず、体で感じる野菜の優しさ・・・
年齢と共に食の好みが違ってきてるのかも知れないな。
新鮮な食べ物は何でも素材本来の美味しさを生かしてシンプルに~が理想的と日々感じている。
鉄板で(テフロン加工のフライパンでも)オイルを引かずに水分だけで焼くのも
立派な野菜料理だそうです(もちろん新鮮が条件)。

旬の美味しい果物も出回り、千秋とつがるの掛け合わせ【秋映】というリンゴは果肉が固めで
酸味、甘みのバランスが良くて好みの味です。ふじも大好き!
食べ物の事ばかり書いてしまいました~(笑)
[PR]
by coffee-sk | 2009-10-25 07:30 | 食べ物
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

友達のブログ

かっぱ姫ちゃん
こんなevery day

Erinaちゃん
*アメリカ生活日記*

最新のトラックバック

家庭料理のレシピ
from 暮らし生活情報
七つの子
from 子供の遊び・文学いろいろ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな